LINEで送る
Pocket

橋下氏が新党結成を表明 維新分裂、野党再編は加速へ

と言うニュースが世間を賑わしております。

当ブログでは橋下徹氏に敬意を表しまして、彼を夏目漱石の小説『坊っちゃん』になぞらえ、「坊っちゃん政治家」と呼んでいますが、そんな「何度読んでも胸がすく痛快な物語」が再び読める時がくるのでしょうか。

橋下徹氏の物語はいったん幕を閉じたと思ったのですが、

結「坊ちゃんは要するに敗退したのである」 -橋下氏政界引退へ-

再び復活ののろしを上げられたようですね。これは大歓迎です。

 

以前から書いているように、政治の世界で勝利を手にするには、本物の『坊っちゃん』のように無鉄砲でやたら喧嘩早いことでは難く、”偽物のしたたかさ”が必要であることが絶対条件だと思います。

ですが、私は橋下さんにはぜひ本物の坊っちゃんぶりを今回も発揮していただきたいと思っています。

が、痛快ばかりも言っていられない。要するに坊っちゃんは敗退するのである 

※岩波文庫あらすじより

例え結果、この名小説の通りになったとしても、私たちはその物語に痛快な気持ちと憧れを抱き、決して忘れ得ぬ稀代の政治家にきっと彼はなりうることでしょう。

LINEで送る
Pocket