文学的未来表現

~世界の”ホント”を望むブログ~ ver.10.0

『異邦人』こと「ムルソー」の肯定はいけない

LINEで送る
Pocket

アルベール・カミュ作『異邦人』を取り上げましたが、その中で、主人公、非常識人の「ムルソー」を肯定することは危険ではないか、と書きましたが、その理由を今回突っ込んで書いてみたいと思います。前回も書いていますが、そのカギは人間の「合理性」と「非合理性」です。

ムルソーは不合理な人物ではない

この小説のテーマとして「不条理」がよく言われるのですが、「不条理」には二つの意味があるとウィキペディアにも記されています。常識に合わないことと、不合理なこと、です。しかし、「ムルソー」はあながち不合理な人間ではない、ということは、前回記した通りです。

 

私たち人間は「合理性」と「不合理性」、常にどちらか一辺倒というわけではなく、あらゆる場面でこれを使い分けている、ということが考えられます。

「ムルソー」は、この使い分けが、所謂「常識人」と逆さまになっているんですね。彼は母親が死んでも合理的に涙は流さず、不合理な理由で殺人を犯し、喜んで死刑になりました。カミュはそんな非常識人「ムルソー」を描くことで、逆に私たちの人間性を強く印象的に描き出したと言えることでしょう。

 

間違いなく名作だが、気になる点が・・

そんな訳で、この作品が名小説であることには、疑いの余地はないのですが、この非常識人「ムルソー」を肯定する意見がネットなどでも散見されます。ネットだけなら、まだしも作者のカミュもそんな発言をしているような傾向があります。

偉大な小説家に私のような者がたてつくようで、申し訳ないのですが、これは少々危険ではないでしょうか。その理由を詳しく書いてみたいと思います。

 

「普通の殺人」と「理由なき殺人」の違い

ムルソーは「太陽が眩しかったから」という理由で、不可解な殺人に手を染めるわけですが、これが最近の「理由なき殺人」に似ているとネットにも書かれています。

「動機がないのではなく、我々の常識で理解できないだけ」

とテレビで偉い人が言っていたのを記憶していますが、これはまさにその通りと言う感じがします。

 

では、これに対して言葉は少しおかしいかもしれませんが、我々の理解できる「普通の殺人」とはどんなものでしょうか。実はこれは、合理的な判断で行われる殺人のことを言うのです。その人物がいると邪魔で、排除すればメリットがあるから殺すわけです。例えば怨恨関係や金銭問題による殺人、強盗殺人などがこれにあたります。だから、当然私たちにその動機が理解できます。

その「合理的な殺人」への抑止力として、罰則があります。人を殺して得るメリットよりも、捕まって罰を受けるデメリットを大きくすることで、抑止しているんですね。つまり我々には合理的な判断で通常は殺人を犯さないというメカニズムがあるってことですね。

 

ですが、「ムルソー」のように、この点において合理性を持たない人間に対しては、罰則は抑止力を持ちません。役に立ちません。その点で、「太陽が眩しいから」という理由で人を殺す「理由なき殺人」は、私たちにとって、とても危険な物なのです。

 

人を殺してはいけない根本的な理由は合理的には説明できない!

そもそも、なぜ、人を殺してはいけないのでしょうか? この理由は合理的には「警察に捕まって大きな損をするから」というくらいにしか、説明できません。この理由がどうしても見つけられずに、人はそれを神様に預けたのではないかと私は思っております。

では、私たち自身ではそんな”乾いた理由”以外に、殺人を防ぐ手立てはないのでしょうか。もし、それが出来るとしたら、人間の本来持っている”非合理性”にその手がかりを見つけることが出来るかもしれません。

 

我々の本性の「非合理性」はみんなが仲良くするため?

当ブログではドストエーフスキーの『地下室の手記』の示唆から、人間の本性は非合理的な物であるということをお伝えてしてきました。その我々の非合理性とはいったい何のためにあるのでしょうか。母親の死んだとき涙を流すという、”無駄”は何のため?

私はそれは社会的な動物である人間がコミュニティで仲良くするためにあるのではないかと思っています。合理性だけでは、コミュニティは成立しません。なぜなら、邪魔だったらさっさと殺すのが、合理性なのですから。あなたの好きな人は合理性一辺倒の人ですか? きっと違いますよね。

 

私たちには常識が必要

我々は社会的な動物です。私たちが争いを起こさずにみんなで仲良く暮らすためには、常識を共有、共感し、自分のためだけの合理性を抑える必要があります。

その必要性を無視して、常識外れの「ムルソー」を安易に肯定することは、危険だと私は考えます。もし、カミュが本当にムルソーを良しとしていたのならば、文明のせいで人間は一人で生きていけると勘違いしちゃったの? なんて生意気なことを思ってしまいましたが、どうでしょうか。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

前へ

2016年の相場は中央銀行総裁への好き嫌いで決まる? ~決して専門的でない相場予測~

次へ

イギリスのEU離脱論の高まりについて、メルケルがわざと負けなければならない理由

  1. 名無し

    太陽が眩しかったので人を殺したわけではない。
    太陽が眩しかったので、自分の身を守るために発泡したら、たまたま相手に命中してしまった。最初から狙って撃ったわけではない。こう説明すればまだ、伝わったかもしれないのに、太陽のせいだ、としか言えなかった。
    結果、本来なら正当防衛であるはずのところ、死刑になってしまった。
    猟奇的でもなんでもない。
    母親が死んでも泣けない。発砲の理由をうまく説明できない。そんな人を異邦人だと除外し死刑にする。それこそが不条理だとカミュは言いたいのです。

    • 過去の作家

      こんばんわ。

      こんばんわ。
      コメントありがとうございます!

      なるほど、そのような解釈が出来れば、私もカミユをもう少し好きになれたかもしれません(笑)。
      頂いた解釈は私には新鮮でした。

      参考にさせていただき、考察を深めたいなと思います。

  2. 名無し

    ムルソーが殺人を冒したのは、アラビア人が襲い掛かってきたことに対する正当防衛です。よって理由の無い殺人では無いと思います。
    問題は、死体に向けて撃った四発の弾丸です。これについては、普通の人が納得できる理由はありません。ただ、ムルソーの考え方に沿うと、死体に対して撃つことは大した罪ではありません。彼にとって死体は、暑さに対する苛立ちまぎれに適当に八つ当たりしてもおかしくない物体でした。

    彼が死体に対して価値を感じていないことを不条理と思われるかもしれません。しかし、ムルソーにとっては死体に価値がないことも真理でした。
    ムルソーは現実の存在と肉体的感覚だけが確信に値すると情熱的に信じ、その余りは無価値であると決死の覚悟を持った人でした。彼にとっての真理はそれだけで、だからこそムルソーはその情熱と覚悟ゆえに真理に背を向けることができない人でもありました。そのため、死刑になることを心のどこかで拒否していても、彼は死刑を受け入れました。死後が存在しないことを確信しつつ自分の真理の為に殉死するこの情熱と覚悟こそ、カミュがムルソーを評価した理由です。(またこの真理はカミュにとっての真理でもあり、多くの人が思い当たるものではないでしょうか)
    死体の価値は宗教的価値です。そして、宗教的価値を認めることは死後が存在することを認めることになります。だから、ムルソーは死体に価値を認めることを失念していたわけです。

    また、ムルソーが「太陽のせい」と述べたのは、相手が襲ってくると分かっていたのに近付いたことや四発撃ったことの理由を述べたものです。太陽のせいで日陰に入りたかったので、アラビア人がいるけれども日陰に近付いた。太陽のせいで頭がボーッとして、つい死体を撃ってしまった。
    カミュの不条理小説の不条理とは人間はいつか死んでしまうということです。ムルソーは「太陽のせい」や死刑を前に解放的な気分になるなど理解しがたい部分がある人間です。しかし、それは全てムルソーの真理と哲学による論理的帰結です。なので、私はムルソーの物語を不条理とは思えませんでした。

    不躾ながら『異邦人』は好きな作品でしたのでコメントさせていただきました。

    • @bungakumirai

      w@w.comさん
      コメントありがとうございます!

      なるほど、ムルソーは論理的な人間だ、と言う解釈ですね。
      私にとっては、大変新鮮な見方です。

      色々考えさせられます。

      私も『異邦人』はすごく好きです。

      でも、誤解かも知れませんが、カミユの書き方があまり好きではないかもしれません(笑)。
      作者がムルソーに味方している気がするので、私はあまのじゃくしているだけかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来表現