文学的未来表現

~世界の”ホント”を望むブログ~ ver.10.0

通貨安競争はすでに終わりを告げた! ~インフレ時代の正義は通貨高に?~

LINEで送る
Pocket

3月11日、ドル円が長らく上値の壁となっていた115円をとうとう抜けてきました。いろいろと見ていると、「雇用統計が良いことを睨んだ先回り」などと解説されていたのですが、果たして本当にそうでしょうか? というのも、為替全体の動きを見ていると、ドル高、というよりは、ユーロ高、円売りの動きとなっていたからです。

一昨日にECB理事会が行われたのですが、その中でドラギ総裁は金融緩和に積極的な発言を行わず、それがユーロ高、円売りに繋がっていったのです。つまり、これはドラギトレンドだったと当ブログでは分析しています。さて、これだけなら、それほど騒ぐほどのことではないのですが、先日Facebookページでお伝えしました通り、ドイツのメルケル首相が「ユーロは安すぎる」などと発言していることを合わせますと、情報としての重要度はぐっと高まってくるのではないでしょうか。

アメリカへの気遣い?

「ドイツにとってユーロ安すぎ」メルケル首相発言の波紋と今後のECBの動き

~ THE PAGE ~

メルケル首相が果たしてどのような真意でこれを言ったのかは、もちろん分かりません。

「ドイツはユーロ安の恩恵を独り占めしている!」

前FRB議長のバーナンキさん自らこうおっしゃるほど、アメリカはドイツ製造業のユーロ安による利益をよく思っていないようです。もしかすると、3月17日にG20がドイツで開催されますが、その成功のためにドイツはアメリカに気を使っているのかもしれません。

 

G20草案から消えた「保護主義に反対」 トランプ政権に配慮か

~ ニューズウィーク 日本版 ~

こんな記事もありました。G20で毎度定番声明だった「保護主義に反対」の文言が消えているというのです。これはアメリカのトランプ政権に気を使ったものであることは明らかでしょう。そりゃあ保護主義を前面に打ち出して当選した大統領に「保護主義反対」の草案は突き付けられないでしょうから。

しかし、妙なのは、「通貨安競争を回避する」という文言も消えている、ということです。そして、これもトランプ政権への配慮として一緒くたにされているということです。

トランプ大統領はこれまで、通貨切り下げを積極的に推進する国として日本と中国を名指しで批判しています。この2か国に「通貨切り下げをやめろ」と言っているわけです。それでなんで、「通貨切り下げ競争は止めましょう」というこれまでのG20の声明の文言を消すことがアメリカへの配慮になるんでしょうか・・? 逆に「通貨切り下げをやったら、しばく!」というくらいの強い文言にした方が配慮になるんじゃないでしょうか?

ということで、「競争的な通貨切り下げを回避し、競争目的で為替をターゲットとしない」という文言が消えた理由はきっと別のところにある、と当ブログでは睨みます。

 

通貨高競争がやってくる

当ブログでは予てより、「通貨安競争は終わりを告げ、通貨高競争の時代がやってくる」とさせていただいておりましたが、とうとうそれが具現化しつつあるのではないか、と私は推察しています。

何度もしつこくお伝えしています通り、昨年の秋くらいから、債券から株式への資金移動、所謂グレート・ローテーションが起こってきています。それは同時に、デフレ時代からインフレ時代の転換を表します。それまで30年続いたデフレ時代には、その対抗手段として「通貨安」が好まれていました。そのトレンドを創ったのはアメリカです。

これが「通貨安=正義」というような価値観を生み出しました。だから各国が競争するように通貨安政策を取るようになりました。その結果、G20でわざわざ毎回、「不毛な過度な競争は止めましょう」と宣言することになったのです。

しかし、アメリカは2015年の12月に利上げを開始し、通貨を高くする政策に方針を転換しています。そして、それから遅れること10か月、とうとう債券バブルが崩壊し、デフレの時代は終わりを告げ、インフレ時代の幕開けとなったのです。

ほっとけばインフレになる時代がやってきたのに、通貨安政策なんて続けていたらどうなるでしょう。それは非常に危険なことです。ドイツの賢明な首相はそのことに気が付いた、とは考えられないでしょうか。

 

中国は元安に苦しんでいる

G20各国は「通貨切り下げをするな」というメッセージ一番どの国に送りたかったのかというと、それは中国ではないでしょうか。中国はもっとも露骨に顕著に為替操作を行っている国です。しかし、その中国は最近元が安くなりすぎてしまい、今は必死に買い支えていると言います。

 

日本もヤバい

我らが日本も黒田バズーカと呼ばれる異次元の通貨安政策を取っているのですが、これもヤバいです。前述した通り、同じく通貨安政策を取っていたECBはすでにその方針転換を示唆しています。しかし、日本の場合は規模が大きすぎ、実施期間が長すぎてそう簡単に政策を変更できないのです。つまり、超大規模な通貨安政策を取り続けざるを得ないのです・・。

円高論をおっしゃる方にはこの辺の視点が感じられず、まるで円高が悪いことかのように書いている方が多いのですが、この感覚はもう古いと言わざるを得ません。

今はすでに、「円高=正義」の時代に突入しているのではないでしょうか。日本のマーケットには円安株高という絶対的なトレンドがありますから、「円高は悪くて、円安はいい」という感覚に固執してしまうのは分かりますが、私に言わせると、こんな無茶苦茶な政策をしていて、円高にしてもらえるはずがない、ということなのです。

もし、仮にトランプ政権が円高に誘導してくれるならば、私たちはそれを恐れるのではなく、喜べばいいのです。しかし、トランプさんはそんなお人よしではないでしょう。

最終的に待っているのは、「悪い円安」で、その恐ろしさは円高の比ではありません。だって、円高、デフレで我々庶民の生活は困りましたでしょうか? 確かになんとなく暗い感じ、停滞感はありましたが、物は安いし、私には何一つ困ったことなんてありませんでした。

私は今でも別にデフレでいいじゃん!と思っています。しかし、インフレが加速してしまえば、物価高という今までに経験したことのない苦しみが私たちを襲う可能性があるのです。

ドイツの首相が示唆した言葉は、通貨安によって引き起こされるインフレへの危機感だった可能性がある、というのが当ブログの見解となりますが、果たしてどうでしょうか。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

前へ

NYダウは異次元バブル相場へ突入 ~迫る!?株価の暴騰リスク~

次へ

日本人はトランプを応援した方がいいかもしれない理由 ~安全保障の観点から考える~ 

  1. TS

    お疲れ様です。FRB政策金利上昇で、円安になりましたね…ここは意外でした。ただ、下げ幅は限定されたものだと思われますし、一時的でしょう。

    裏を返せば、日銀がマイナス金利テーパリング始めたら、円安が一気に進行すると読みました。こちらは幅が尋常ではないと読んでいます。

    • 過去の作家

      TSさん、こんばんは。

      そうですね。私ももう少し踏み込んだ内容が出るかと思っていたんですが・・。
      でも、振り返ってみたら、前回のFOMCも無難な内容だったんですよね。
      おっしゃる通り、私も深押しは想定していないです。

      テーパリングはやばいでしょうねえ。私は怖い思いで見てますよ。2年前までは円安への期待があったんですが、今はただ円安が怖いなと思ってみてます。予想を当てたいという気持ちはあるんですけどね・・

  2. TS

    1行目、円高の間違いでした。

    失礼しました。

  3. 阪口

    初めまして、毎回読みに来ております
    思ったより、円高111円台
    日経平均420円下落
    19000円割れか?
    なぜ円安120円行かないのか?
    日経平均21000から23000円は
    こないのか?数年後までかかるのか?
    ご見解をうかがえたらと存じます。

    • 過去の作家

      坂口さん
      はじめまして!
      私の見解で良ければ!

      円安120円いかない理由はドル買いが既に行き過ぎているからだと思います。後は、あまり材料がないからか円売りがあまり進んでいません。日本にとってはいいことだとおもいますが。

      日経平均21000から23000円は
      こないのか?数年後までかかるのか?
      に関しては、私的にはあまり見解は変わりません。そう遠くないと思っております。普通に見ている分にはどう考えても調整が必要な場面に見えました。ただ、それすら忘れさせるほどの異次元相場だと私は認識しております。

      気になる点があるとすれば、トランプ政権の政策が全然思ったように進んでいないなと思うくらいですかね。でも、それももともとトランプはそんなに関係ないと思っているので。

      • 阪口

        参考になりました。

        丁寧なご解答ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来予想