文学的未来表現

~”ホント”を望むブログ~ ver.10.2

作者別: @bungakumirai Page 2 of 31

『共感の時代へ』 フランス・ドゥ・ヴァール

皆様、実は当ブログ、最初は書評ブログだったことをご存知でしたか? まあ、どうでもいいと思いますけど(笑)、うちは政治・経済だけのブログじゃね~んだぜ、と言うところをお見せいたしましょう。

最近読んだこちらの本、すごくいい物だったので、ぜひご紹介したいと思ったのです。

他者が苦しむのを目にするのはじつにつらい。だが、もちろんそれこそが共感の核心ではないか。

ドゥ・ヴァールさんのこの考え方が、イデオロギーとして正しいのか、正しくないのかはほっておいて、単純に私はこの考え方がとても好きです。

続きを読む

闇営業問題の本当の闇は憲法・安保改正に向けたリベラル潰しの始まりか?

今年も半分が過ぎ去ろとしていますね。そんな中、突如として世間を賑わせているのが、芸人さんの「闇営業問題」ですね。あれ? いきなり芸能ニュース? いえ、これなんですけどね、単なるスキャンダルと切り捨てるのは、少々粗忽かもしれません。

もしかすると、我々の未来に大きな影響を及ぼす一大事件として発生している可能性も疑えるのですが・・。

続きを読む

ついに習近平もアメリカと戦う決意を固めた ~米中戦争の真の姿~

中国の習近平国家主席が、周辺国との関係強化に邁進しています。6月5~6日にロシアを訪れ、プーチンさんと会談。6月20日には、北朝鮮に出向き、金正恩さんと固い握手を交わしました。そして昨日、中国は、習さんが来年の春にも来日する可能性を示唆しました。

北朝鮮を公式訪問したのは、15年振りのことで、来日も実現すれば、9年振りのこととなります。

これらの一連の習さんの行動には大きな意味があると私は思います。

行動は雄弁である

『コリオレイナス』 ウィリアム・シェイクスピア

彼らも、とうとう、アメリカと戦うことを決意したのではないでしょうか。

続きを読む

トランプ政権は世界支配層の軍事戦略 ~米大統領は彼らが選んだ~

トランプ政権の動きが露骨になってきましたね。連日報じれられる対中国強硬姿勢、突然のメキシコへの関税の表明、そして、こちら。

トランプ米大統領は2日付の英紙サンデー・タイムズのインタビューで、英国に欧州連合(EU)から何の取り決めもないまま離脱する「合意なき離脱」を推奨した。

時事ドットコム

当ブログは昨年夏から、「合意なき離脱」はトランプ政権の戦略だ、と分析して来ましたが、とうとう彼自身がそれを肯定しました。果たしてこの意味とはいったい何でしょうか。

続きを読む

7月、欧州大混乱で株価は再び暴落か

2019年、欧州で何かが起こる、私は昨年、このブログでこう予言させていただきました。そして、投資方針は「世紀の空売り」だと。

元号が令和に変わり、2019年ももうすぐ半年が過ぎようとする昨今、この予言の状況が迫って来ていることをご存知でしたでしょうか?

続きを読む

「合意なき離脱シナリオ」継続か ~テリーザ・メイの真実?~

少し前のことですが、イギリスのEU離脱、本当は3月に完了するはずでしたが延期になりましたね。当ブログでは、「3月末で合意なき離脱が起こる」と予測してきたので、何も起こらなかったことに私は拍子抜けし、失望感さえ感じていました。

しかし、同時にこのまま何もない、ということに関しては、どうしても納得がいかなかったのです。

それから一カ月、動きが見え始めたような気がしたので、今回のこの記事を書きました。どうやら、やはり、うちの予測が外れていたわけではなさそうなのです。

続きを読む

米国のアジア戦略も再開か ~脅威の「ロケットマン作戦」とは?~

先日、米中貿易が事実上の決裂状態になったのも、つかの間、トランプ政権は中国からの輸入品すべてに関税をかける「第4弾」の詳細を発表しました。さらに、15日米商務省は中国のファーウェイへの輸出を政府の許可なく禁止する措置を実施すると発表しました。

畳み掛けように実行される米国の中国潰し政策、これに対しては、ネット上を見ていると、日本人からは好意的な見解が多いようです。

確かに中国共産党をこのままほっておけば、30年後には、世界最強の独裁国家となり、日本の領土にも手を下すことになる、そのことにほとんど疑いの余地はないでしょう。

戦えない日本の替わりに、アメリカがその野望を打ち砕いてくれる! そう考えれば、応援したくなるのも当然かもしれません。

しかし、もしかすると、世の中そんなに甘くはないかもしれません。と言うよりも、米国はそんなに優しい国ではないかもしれません・・。

続きを読む

再開?米国の世界戦略 ~鍵握る世界の秘密をこっそり教えます~

最近、世界情勢に特段の動きがなく、「書くことないなあ」なんて思っていた矢先、今日起きてマーケット情報をチェックしたところ、ドル円が急落、110円50銭台、NYダウ先物はまさかの、450ドル安となっていました。

これはいったい何が起きたのか、と探ってみたところ、トランプさんが、対中関税を25%に引き上げると言及したとのことです。

これは一体、どう見たらいいのでしょう。マーケット的には、5月10日に迫ったSQ、ここへの売り仕掛けを狙う投機筋にトランプさんが加担したというのも一つの見方と思います。

しかし、そうではなく、お休みしていたトランプ政権が再び本腰を上げて動き出した可能性も十分考えられます。その意味するところは、以前から再三書いてきた通り、こうです。

EUと中国共産党は彼らによって破壊される。

続きを読む

「ロシア疑惑」終了の大きな意味 ~ボーイング737MAXで軍産・グローバリストは死に体?~

「ロシア疑惑」の捜査が終了した、とのニュースが先日世界を駆け巡りましたね。そして、結果は「証拠は何もない」とのこと。当ブログでは、この疑惑に関して、既に単なるでっち上げだと断定してきましたので、驚きはありませんし、話の中身に全く興味はありません。

そもそもこの話が本当であれば、「国家をロシアに乗っ取られた」ということであり、メディアが大騒ぎして済む話ではありません。なので都市伝説にも劣る小学校低学年レベルの嘘なのですが、しかし、この疑惑が終了した、と言う事実は、かなり重大な世界史上のターニングポイントになる可能性が高いのです。

今回は、そんなお話を毎度おなじみの私の名推理(笑)を交えながら、書いてみたいと思います。

続きを読む

「合意なき離脱」からの「ドイツ銀行危機」がメインシナリオなのか

3月14日イギリス議会は、EU離脱の延期を申請する動議を可決しました。株式市場はこれを好感し、一段高、売り込まれていたポンドも9カ月振りの高値近辺になっています。

その前日にイギリス議会は、「合意なき離脱」を拒否する動議を可決していました。市場関係者の中には、「合意なき離脱」の可能性は、もうなくなったと書いている人もいました。

しかし、これに関して、当ブログでは、事態を甘く見過ぎていると警告を発しなければならないでしょう。今まで散々書いてきた通り、むしろ恐ろしい現実が、確実に差し迫って来ているようです。

続きを読む

Page 2 of 31

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来表現