第1回本屋大賞受賞のこの作品を読みました。この作品は、エンターテイメントなんでしょうかね、文学なのか、ちょっと、微妙でしたが、非常にいい作品でした。

 

この作品は、私たちの興奮を煽るような、非日常的な危険なことは起こりませんが、楽しく最後まで読める作品です。何より伝わってくるのは作者の小川洋子さんの、小説に対するまじめな姿勢です。他の作品も是非読んでみたくなります。

続きを読む