直木賞受賞ということで、こちらの小説を読ませていただきました。しかし、推薦することは出来ないというのが、私の結論です。それは、やはり、物議を醸したと言われるラストにあります。

この作品は、ジャンルで言うと『ミステリー・サスペンス』となるでしょうか。しかし、前回紹介した『黒い家』などとは違って、失踪するようなスピード感はなく、割とゆったりと時は進みます。それでも、読者を飽きさせないのは、その心理描写の巧みさです。それは、十分にそれだけで魅力的であり、文学として成立しているのではないかと思います。そのすばらしき作品性をスポイルしてしまっていると思うのが、やはりラストです。

続きを読む