文学的未来表現

~世界の”ホント”を望むブログ~ ver.10.0

カテゴリー: カミュ

『異邦人』こと「ムルソー」の肯定はいけない

アルベール・カミュ作『異邦人』を取り上げましたが、その中で、主人公、非常識人の「ムルソー」を肯定することは危険ではないか、と書きましたが、その理由を今回突っ込んで書いてみたいと思います。前回も書いていますが、そのカギは人間の「合理性」と「非合理性」です。

ムルソーは不合理な人物ではない

この小説のテーマとして「不条理」がよく言われるのですが、「不条理」には二つの意味があるとウィキペディアにも記されています。常識に合わないことと、不合理なこと、です。しかし、「ムルソー」はあながち不合理な人間ではない、ということは、前回記した通りです。

続きを読む

『異邦人』 カミュ

テーマ

アルベール・カミュ作、『異邦人』を取り上げてみたいと思います。

「不条理」を表現した小説だと、よく言われますね。で、その「不条理」って何かというと、

不合理であること、常識に反していること

の二つが、ウィキペディアに記されています。

私はこのうち、「常識に反していること」の方が、この小説をうまく表しているなと思っています。そして、前半の「不合理であること」は、一部当たらない部分があるなとも思っています。今回は、その観点から、この小説を当ブログなりに解いてみたいと思います。

続きを読む

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来予想