ちょっと空いてしまいましたが、今回カフカの『変身』を書いてみたいと思います。

まず、あらすじはと言うと、ご存知の通り、かの有名な

「ある朝グレゴールザムザが不安な夢からふと覚めてみると、ベッドのなかで自分の姿が一匹のとてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた」

-青空文庫 フランツ・カフカ 『変身』-

という一文から始まり、毒虫に変身してしまったザムザがいろいろともがくも、家族から忌み嫌われ、排斥を受けたのち、とうとう最後には死んでしまい、そして、家族から喜ばれる、という何とも奇妙な話です。

続きを読む