文学的未来表現

~役に立たない人文学で、世界の”ホント”を望むブログ~ ver.10.0

カテゴリー: 志賀直哉

『小僧の神様』 志賀直哉

小説の神様と称される志賀直哉の短編を取り上げてみました。

屋台のすし屋に小僧が入ってきて、手に取ったすしを食べずに出て行く、たったそれだけの事実から生まれた。

と岩波文庫の紹介に書いてあります。

続きを読む

『范の犯罪』 志賀直哉


またしても文学的な作品です。

これは大学時代に呼んで衝撃を受けました。やっぱり、古いものは時代が選んでいるので、優れたものが多いんです。今現代の物でもいいのたくさんあるのでしょうが、やはり、文学といわれるものは、何百年という時代の淘汰に耐えた作品たちです。今現在の作品とはふるいのかけられ方が違います。やはり、外れを引くこともないし、強烈なのものが多いのは当然といえます。

その中でも、これはどっちかというとマニアックでしょうか。志賀直哉の作品ですが。とても短いので、是非読んでいただければと思います。

続きを読む

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来予想