文学的未来表現

~世界の”ホント”を望むブログ~ ver.10.0

カテゴリー: 社会 (Page 1 of 9)

ベーシックインカムの作る社会はいい未来? ~みんなの幸せはすべて彼ら次第~

みなさん、ベーシックインカムって知っていますか? 私も最近知ったのですが、ちょっと気になって調べてみたんです。と言うのも、この制度、私達庶民の未来の生活に非常に大きな影響を持ちそうなのです。

ちなみに、ウィキペディアには、

国民の最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想

と記されています。「え?ただでお金がもらえるの? そんな馬鹿な話はないでしょ」いえ、必ずしもそうとは言えません。なぜなら、

「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

と日本国憲法に定められているからです。

このただでお金をもらえるという夢のような制度、実際に導入が真剣に検討され、欧州などで実験も行われているようです。こんな素晴らしい仕組みは、早く取り入れてほしい、と思うでしょうか? それとも、怪しい話、うまく行くはずがないと?

実は、この夢の制度の「いい?悪い?可能?不可能?」の判断に、難しい議論は、まったく必要なく、いとも簡単に答えを導き出すことが出来ると私は思っているのですが・・。

続きを読む

米朝会談でまた一歩近づいた ~北朝鮮問題は米国の対中軍事作戦だ!~

少し前の話となりますが、米朝会談が行われましたね。私はこれに関して、Facebookページで、乱暴にこう書きました。

「こんな会談はどうでもいい」

なぜ、日本の命運を握る、史上初の米朝会談がどうでもいいんだ! そんなお叱りを受けそうですが、事実はそう単純ではありません。

なぜ、どうでもいいと言えるのか、その答えはこうです。「既に決まっていることだから」。つまり、これは過去のお話だからです。

へ・・?

私たちは、恐らく1年近く過去の話を、2018年の6月12日に大々的に見せられたのです。

はあ?

興味を持たれた方は、先へお進みください。今日初めて当ブログを訪れた方には、きっと、驚愕の真実をお伝えすることが出来ることでしょう。

続きを読む

米朝会談中止?の理由は中国責任論の勃興か ~高まる米中貿易戦争の脅威~

6月24日、アメリカのトランプ大統領は6月12日に予定されていた米朝首脳会談を突如中止すると発表し、世界を驚かせました。しかし、26日夜には、その方針を再度覆し、予定通り行う意向があることを表明しています。

対する北朝鮮の金委員長は、26日に韓国の文大統領と再び会談、ここで米朝会談の成功、そして「完全非核化」への意欲を表した、とのことです。

日本人の大半にとって、この「完全非核化」と言う話はとても信じられないものだ、というのは共通認識でしょう。私もそう思います。

しかし、私にはそれ以上に気になっていることが2つあります。

①トランプさんが、米朝会談中止を表明する前に、「北朝鮮の態度がおかしくなったのは、習近平のせいだ」と言い出したこと。

②トランプさんが、中国への制裁を融和姿勢に転換したこと。

この件、特に②は一体何の関係があるの? ってところかと思いますが、それをこれから詳しく書いてみたいと思います。そして、ここを抑えると一般の認識では決して見ることの出来ない、トランプ政権の恐るべき隠された意図が見えてくる気がするのです。

続きを読む

景気拡大は今が瀬戸際!? ~経営者は今こそ賃金上昇に動くべきか~

東証一部上場企業の3月期の決算発表がピークを迎えています。結果は極めて良好で、最終利益の合計は過去最高を更新しそうとのことです。これを受けて、世界情勢の不透明感から、下がった株価も大きく戻りを入れています。

その原動力となっているのが、お金が余っている企業による自社株買いです。米アップルが日本円で11兆円に及ぶ自社株買いを発表したことは、大きなニュースになりました。これで今後ますます、世界経済、日本の経済はよくなっていくだろう!そんな興奮も冷めやらぬ中、こんなニュースが・・。

内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.2%減、年率換算で0.6%減だった。15年10~12月期以来、9四半期ぶりのマイナス成長となった。野菜やガソリンなど身の回り品の値上がりで個人消費が低調だったほか、住宅投資も落ち込んだ

~ 日本経済新聞 ~

あれ? 個人消費が低迷で、9期ぶりのマイナス成長・・。なんか、イメージと違います。これを見ていると、日本の景気は本当に大丈夫なんでしょうか、と言う気にさせられますよね。

経済アナリスト達の大半は、世界経済は恒久的に明かるい、と見ているようですが、もしかすると、景気の拡大局面が続くかどうか、今が瀬戸際なのかもしれません。

続きを読む

金正恩は日本には決して微笑まない ~米国の北朝鮮戦略の本当~

4月27日、南北首脳会談が行われ、歴史的な一日になったと大手メディアは囃し立てました。つい一年前には金正恩さんは、ミサイルの発射を繰り返し、異常な緊張状態を作り出していましたから、こんな風に友好的な関係が訪れるなんて、誰も思っておらず、好意的な見解がとても多いようです。そりゃあそうですね。戦争は誰だっていやですから、平和がいいに決まっています。

しかし、水を差すようですが、日本人は決して油断してはいけません。なぜなら、日本には、これから結構な確率である試練が訪れると考えられるからです。今の目の前に広がっている、「歴史的な瞬間」は、そのための一過程だと思えばいいでしょう。

続きを読む

米中貿易戦争の恐ろしい本当の理由 ~資本主義と共産主義の必然~

4月5日、トランプ大統領が新たに中国製品1000億ドル対象の追加関税検討をUSTRに指示、と言うニュースが流れ、戻りに入っていた株式市場の鼻を挫きました。

米中の貿易戦争は言うほど激化しないのではないか、と言う期待をトランプさんが打ち砕いた格好になるわけですが、米国が打ち出した「米通商法301条」、「国際緊急経済権限法」などの対中国強硬姿勢に対し、一般的には、「中間選挙対策」という見方が優勢です。しかし、生意気ながら、当ブログとしてはこれは違うと断言していいと思っています。甘すぎる認識だと。日本人の多くはトランプ政権を舐め過ぎなのです。

アメリカがここにきて、なぜこれほど中国に対して強硬姿勢に転じてきたのか、不思議に思う方も多いかもしれません。しかし、多くの人が知らなかっただけで、トランプ政権は発足当初から、ずうっと相当な対中強硬政権だったのです。当ブログがそのことを最初から伝えてきたことが、その証拠の一つだと言わせてもらってもいいかと思っています。

そして、その本質的な理由は、全く楽観できない、恐ろしいものである可能性は、歴史上の見地からもかなり高いのです。

続きを読む

朝鮮半島の今とこれからをズバリ予測 ~「新森友学園問題」の関連、真相とは?~

さて、いきなりですが、当ブログでは今年の1月に、「近い将来朝鮮半島が南北統一になるもしれない」という記事を書かせていただきました。その頃は、まだそんな声を聞くことはほとんどなく、だからこそ、「トンデモ話」と私は書いたのですが、しかしそれから間もなく、事態は急転直下。南北の関係が急激に改善に向かい、米国の軍の高官、ハリー・ハリスさんはこんなことを言いました。

「北朝鮮は南北統一のために核兵器を開発している」

そして、それを追うように河野外相も、

「北朝鮮は再統一の野心から核を開発している。彼らの発言や行動を見ていれば、当然そういう見解になる」

と・・。私は「はあ?」と思いましたが、どうでしょうか。いつから彼らは金正恩さんの意志を代弁するようになったのでしょうか。しかも、「当然そういう見解になる」って。いったい、どこをどう見るとそうなるのでしょうね。甚だ不思議な話です。

しかし、彼らのこの見解、実現化する可能性はかなり高い、と当ブログは見ています。今回は、前回の記事の続編としてこれから、朝鮮半島に起きるであろう、トンでも話の続きを書いてみたいと思います。

そして、さらに、現在新たに日本を大いに騒がしている「森友学園問題」、これがここに密接に関係していると考えられる、のですが・・。

続きを読む

日本人の安全保障の認識は低すぎる ~中国脅威論は本物だ~

2018年2月2日、米国国防省は、新たな核戦略の指標を発表しました。ロシアに対抗するため、核兵器の増強を増やすとのこと。しかし、「ロシアに対抗するため」と言うこの理由は、ずばり嘘だと見ていいと思います。

当ブログは一昨年の大統領選挙直後から、一番時間を割いて、一貫してこう主張してきました。

「トランプ政権は中国と戦うために誕生した」

そして、この政権そのものが、アメリカの軍事戦略だと。この予感は、確実に現実化してきていると考えなくてはなりません。アメリカは「冷戦終結後、最も複雑で厳しい安全保障環境に直面している」と言います。中国は日本の隣国です。当然、これはそのまま日本に当てはまります。しかし、全く現実を伝えないテレビニュースのせいなのか、日本人の安全保障の認識はかなり低い状態にあるのが、今の現実ではないでしょうか。

本当に残念な話ですが、これは確実に避けて通れない、かなり近い未来のことなのです。

続きを読む

「日本のお笑いはオワコン」ではなく、世界最高レベルである理由

少し前の話になりますが、脳科学者の茂木健一郎さんが、

「上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」

と発言したことが話題となっていましたね。ちょっと、今更感のあるこの話題をなぜ今になって取り上げようと思ったのかと言うと、先日、こんな記事をみて触発されたからです。

「日本のお笑いは世界最高レベル」と自信を持って言えばいい

~ 現代ビジネス ~

こう言ったのは、チャド・マレーンさん。「その通り! 日本のお笑いは最高レベルであって、茂木さんの指摘は完全に的外れですよ!」と言いたくなったのです。「なぜ、お前にそんな事が分かるんだ!」と言う声が、聞こえてきそうですが、当ブログ、実は世界で初めて、「笑いとはどういうものなのか」というのを小学生でもわかるように解説しちゃったんです。本当です。

続きを読む

朝鮮半島の南北統一が近い将来あり得るというお話

皆さま、またやってしまいました。こんなトンでも記事を書いてしまいました。この記事は私個人の推理に過ぎませんし、「何言ってんの、この人」そう思われるのも無理はないでしょう。しかし、毎度ですが、私はこの記事を面白おかしければいいと思っておらず、あくまで真面目に書いています。

そして、こう言っては何ですが、昨年の政治の先行きに関する推理は、結構当たりました。

例えば、

「日米政府は恐ろしいほどの親密さになる」「稲田防衛大臣は外される」「森友・加計学園問題により急低下した安倍政権の支持率は、稲田大臣の辞任で底打ち」「解散総選挙に小池氏は出馬せず、自民党は圧勝する」「小池人気は偽物」などなど。

さらに最近注目しているのは、「ドイツのメルケル首相は2017年の選挙で失脚する」というもの。これはいったん、外れたかに思ったのですが、彼女はその後の連立交渉でつまずき、結構まずいことになってきています。

こうしてみてみると、結構当たりようのない予測が当たっていますよね。これ、嘘じゃないんですよ。証拠はこのブログに全部あります。

なんで? 実はこれには大きな推理軸があります。それをお教えしますが、

トランプ政権は中国共産党と戦うための政権である

ということです。「は?」初めて来た方は、きっとそう思うでしょう。でも、これら実は全部繋がっているのです。そして、そこから考えると、題名にしたお話が現実のものとなる可能性が導き出されてしまうのですが・・。

続きを読む

Page 1 of 9

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来予想