文学的未来表現

~”ホント”を望むブログ~ ver.11.2

「新型」コロナウィルス、米英イスラエルの生物兵器説は妥当

LINEで送る
Pocket

新型コロナウィルスの猛威が止まりません。感染者は世界で9,800人を超え、あっという間に2,002年に発生したSARSを上回ってしまいました。

一体どうしてこんなことになってしまったのでしょう? こうなると、当然いろんなデマや陰謀論がネット上を駆け巡ります。もちろん、何が本当なのかは誰にもわかりません。しかし、題名に書いた通り、新型コロナウィルスが、米英イスラエルによってばら撒かれたと考えることは、極めて妥当です。

今回の記事で私が最も言いたいことは、それが真実だということではないのです。そう考えるのは、論理的で当然の結果だという事実なのです。これはとても重要なことです。

大手メディアの陰謀説

さて、今回非常に興味深いのは、大手メディアが率先して、陰謀説を流布していることです。

サッシャー氏はさらに、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がパーブライト研究所やワクチン開発に資金を提供していることから、今回の新型コロナウイルス流行は、ワクチン開発への寄付を促すために故意に計画されたものだと主張している。

【解説】 インターネットで広がる偽情報 新型コロナウイルス  BBC NEWS japan

ワクチンで金儲けするために、ビル・ゲイツがばら撒いた? ははは、そんな訳ねーだろ、ば~か。では、次に行きましょう。

インターネット上で拡散している根拠のない主張には、新型ウイルスは中国の「密かな生物兵器プログラム」の一部で、武漢のウイルス研究所から流出したものだというものがある。

この説を広めた人々の多くは、米紙ワシントン・タイムズが掲載した2つの記事を根拠にあげている。どちらも、イスラエルの元情報機関職員の話を引用している。

中国の研究所からもれた、それはバイオハザードだという説は、アメリカの大手メディアから流されました。ふ~ん。中国共産党がへまをやった・・これはさっきのよりはましですが、情報源がイスラエルと・・ふははは、これもやはり信用できません。

当ブログに於いては、イスラエルが正しいというのは、東出昌大は一途な理想のイクメンパパ、と言うイメージくらいの信ぴょう性しかないのです。

で、実はこれ以外にも、陰謀説があります。それが、私が冒頭でも伝えた、米英イスラエルの生物兵器説です。

でも、これはこの記事には書いてないですね。コメントでも頂いたのですが、大手メディアはこの説には一切触れていないです。これはなぜなのでしょうか。

以前にも書いておりますが、日本語で読める大手メディアは、ほぼ100%が親米英イスラエルだからです。彼らにとって本当に都合の悪い情報が流れることはありません。記事のBBCはご存知の通り、イギリスの公共メディアです。

反米英イスラエルメディアはどう伝えているのか

しかし、日本語で読める本物の反米英イスラエルメディアがたった一つだけあります。それが、Parstoday

ロシア自由民主党党首が、米国が中国での新型コロナウイルスの蔓延の主な原因であるとしました。

ウラジミール・ジリノフスキーロシア自由民主党党首は26日日曜、米国が中国での新型コロナウイルスの蔓延の主な原因だと指摘し、「新型コロナウイルスは米国による扇動行為だ」と述べました。

そして、「米国は中国経済に打ち勝つことはおろか、少なくとも中国と経済的と対等でいられないことを恐れている」としました。

ロシア高官、「新型コロナウイルスの拡大はアメリカの仕業」

おおっと、どストレートに来ますね。それは「アメリカの仕業」だと、ロシア高官。ロシアでは、政党の党首がこんなこと言っちゃうんですね。これはすでに陰謀論の枠を超えている気がします。さらに・・

マレーシア首相の特別補佐を歴任したマティアス・チャン氏が、「人工的に製造されたの新型コロナウイルスは、中国に対するアメリカの生物学戦争に等しい」と語りました。

マティアス・チャン氏は、マレーシア・クアラルンプールでIRIB通信との電話インタビューに、「研究所で製造されたコロナウイルスは、中国に対するアメリカの生物学戦争の手段に等しい」と述べています。

視点;専門家の見解からー「新型コロナウイルスが、対中生物学的戦争か」

なんと米中貿易戦争が、一時休戦したと思ったら、米中生物学戦争が勃発したというのです。これは、私も完全にノーマークでした。米中覇権戦争勃発をいち早く警告し、唯一無二の分析をしてきたと自負しておりましたが、これはまったく頭にありませんでした。

また、昨年10月に中国・武漢市にアメリカ軍300人が軍事計画への参加を目的に滞在していた事にも触れ、「この出来事からちょうど2週間後にあたる、昨年11月に武漢市で最初の新型コロナウイルスへの感染例が報告された」としました。

さらに、「この2週間という期間は、学術的な発見によればこのウイルスの潜伏期間に相当する」とし、「60の国際便、100の国内便、国内最大の特急列車網を備えた交通の要所である武漢市での感染例の報告から2ヶ月後、そしてちょうど中国の新年の前夜に、危険なウイルスの発生が発表された」と語っています。

そして、「新型コロナウイルスの蔓延は、アメリカの支持を受けた香港での民主主義支持者による暴動、および米中通商戦争の激化の時期とちょうど重なっており、またこの時期は豚インフルエンザや鳥インフルエンザによる経済損失が回復してきた時期にもあたり、現在では新型コロナウイルスという新しい形で中国を襲っている」と述べました。

チャン氏はまた、アメリカとの通商戦争を理由とした中国経済の没落、というタイトルでの報告の一部に、アメリカCNNが最近満足感を示している事に触れ、「このウイルスの蔓延は、中国に対抗する手段としてアメリカが必要としていたものだった」としています。

うーん、BBCの話とどっちが説得力あると感じますか? まあ、そもそもBBCはそれは嘘だと伝えているわけですが、不思議なのはやはり、この説には一切触れていないことです。

「嘘じゃないんだったら否定できるはずだ」

芸能人や政治家のスキャンダルの際に、よく言われるこれですが、これはそのままここに当てはまりませんか? なぜ、彼らは「アメリカの仕業」と言う”噂”を否定しないのでしょうか。

そして、この記事を最後まで読むと更にトンでもないことが書いてあります。

アメリカは、1940年代にもグアテマラで梅毒や淋病を、また2014年にはアフリカ・シエラレオネでエボラウイルスを、キューバではデング熱を多数の人々に意図的に感染させるなど、生物テロ手段の行使に関しても長い経歴を有しています。

もはや、何も言葉が出てきません。parstodayによれば、彼らは常習犯だったのです。

我々の世界の支配層はテロリスト

Is the U.S. a Terrorist State?

(米国はテロリスト国家ですか?)

ES: You say one of the great hypocrisies here is that the United States, as you say, is a leading terrorist state…

ES :ここでの大きな偽善の1つは、あなたが言うように、米国が主要なテロ国家だということです… )

Chomsky: Well, these two examples illustrate it. And these are minor ones. You know there are much more serious ones than this.

チョムスキー :そうですね、これら2つの例がそれを示しています。 そして、これらはマイナーなものです。 あなたはこれよりはるかに深刻なものがあることを知っているはずです。)

ノーム・チョムスキー

戦う権威、マサチューセッツ工科大学名誉教授のノーム・チョムスキー氏は米国をテロリスト国家だと言います。事実、彼らのやっていることは、まさにそれです。

まず、彼らはテロリストを支援しています。

世俗的な国家主義を英国と米国の政策策定者たちは恐れていた。そこで政策策定者たちは、世俗的な国家主義者たちへの対抗馬として、過激なイスラム原理主義者たちを支援している。

『誰が世界を支援しているのか?』 ノーム・チョムスキー 

そして、彼らは自分たちが攻撃されたように見せかけて戦争をしかける、”当たり屋”の常習犯です。

トンキン湾事件(トンキンわんじけん、英: Gulf of Tonkin Incident, ベトナム語: Sự kiện Vịnh Bắc Bộ / 事件灣北部)は、1964年8月、北ベトナム沖のトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件である。

これをきっかけに、アメリカ合衆国連邦政府は本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ合衆国議会は、上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議(トンキン湾決議)をした。しかし、1971年6月『ニューヨーク・タイムズ』が、いわゆる「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手、事件の一部はアメリカ合衆国が仕組んだ物だったことを暴露した。

ウィキペディア

そして、それは並み外れて残虐で非人道的な戦争でした。更に、記憶に新しいところでは、同じように自国のビルに飛行機を突っ込ませた上で、開戦理由をでっち上げ、イラクとアフガニスタンを侵略しました。

CIAの元局員、マルコム・ハワード氏は、建物の破壊に関する経歴や技術を持っていたことから、CIAの幹部から、ニューヨークの世界貿易センタービルの破壊プロジェクトを強要されたとしました。

この情報開示と共に、世界貿易センタービルがコントロールされた爆発によって崩壊したことを示す映像や、事件の目撃証言も公開されています。

アメリカ同時多発テロへのCIAの関与の詳細が明らかに  parstoday

911事件は、米政府による自作自演であることは、もはや確定的です。つまり、彼らはテロリストを超えたスーパーテロリストなのです。

そんなわけで彼らがやっていないとは、言えない

という訳で、彼らに対し、さすがにそれをやらないだろうって考えることは、ほとんど出来ないというのが、現実なのです。もちろん、違っているかもしれませんよ。しかし、やったに決まっていると考える方が自然なのです。

著名な言論人(特にテレビに出てる人)は、こんな話は「ふ、笑止な」と黄金聖闘士かのような一言で片づけるでしょう。しかし、米中戦争の理解に実際、彼らは何の役にも立ちませんでした。

トランプは馬鹿で愚か、貿易戦争は選挙対策、その休戦も選挙対策、イランのソレイマニ司令官殺害も選挙対策。米朝戦争は本物だと騒ぎ、米中戦争はプロレスだと得意げになった。

これは全く逆だと、私は警告しましたよ。彼らは素人以下、それは今も変わりません。彼らは確かに黄金聖闘士でしょうが、やられ役のアルデバランです。 彼らが馬鹿だからではありません。彼らは、親米英イスラエル派だから、理由はただそれだけです。専門家、彼らは実際、何も知らないのです。

生物学テロで米国勝利か・・

さらに「とても不幸でとても悪質な感染症が、(自分たちに)幸いしたなどとは語りたくはない。しかし事実として、外国企業は部品調達網の見直しを行う際、感染症のリスクを考慮せずにはいられないだろう」と続けた。

「まずはSARS(重症急性呼吸器症候群)、そしてアフリカ豚コレラもあった。今回は新型コロナウイルスで、これは人々が考慮せざるをえない新たなリスク要因だ。結果として、北米への雇用回帰は加速すると思う。アメリカだけでなく、メキシコにも雇用は戻るだろう」と語った。

米商務長官「新型コロナウイルスの発生で雇用は中国からアメリカに戻ってくる」  NEWSWEEK 日本版

おめでとうございます。 多分、訳した人が下手だったと思うんですが、

「敵国で発生した悪質な感染症が、味方するなんて、我々はどれだけ神に愛されているんだ」

彼は恐らく、そう言っているのでしょう。『十万分の一の偶然』が再びここに起こりました。

「新型」コロナウィルスの正体

今回新たに発生したコロナウィルスの正体は、アメリカ経済に有利に働き、中国経済に最もダメージを与える「新型」だったのです。経済を操るウィルス、こんなのはまさに前代未聞です。

繰り返しますが、この記事の話が真実だと言う気はありません。しかし、そう考えることは妥当だと言わざるを得ない、これは極めて恐ろしい現実です。

日本人の取るべき道は・・

今ならまだ間に合う。戦争より遥かにましな、遥かに平和的な方法で問題を解決する道はある。

『米中もし戦わば』 ピーター・ナバロ

ピーター・ナバロ大統領補佐官はその著作の中で、こう語りました。これが、その方法なのでしょうか?

万が一それが本当だった場合、一つの大きな問題が生じます。私たちは中国共産党が大嫌いですが、だからと言って、こんなことを許すのかと言う疑問は当然のこととなるでしょう。

つまり、私たちは中国共産党を応援するか、「道徳の堕落者」となり、米国とともに勝利を祝うのか、それが問題です。

日本では、米英イスラエルの暴挙には一切目をつぶり、ただひたすら「戦争反対」を叫ぶ人を左派と言い、米英イスラエル支配体制に肯定的な人たちのことを右派と呼ぶのです。

日本人がどこにもいなくね?

そう、日本の政治思想派閥の中には、日本人の居場所がないのです。私たちはいったいどうしたらいいのでしょうか。私たちの取るべき道とは・・そんなの初めから存在しない? そうですよね、まあ分かってはいたんですがね・・。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

前へ

芸能人の不倫はなぜ悪い? ~恋愛は不公正な競争~

次へ

米国はコロナウィルスを利用した中国悪魔化作戦を即刻中止すべき

  1. @bungakumirai

    ゆうこさん
    頂いたコメント、こちらに移しました。

    武漢にはとあるアメリカの製薬会社が「オピオイド」作っているそうです。
    それも習近平は気に入らなくて手をいれてきたようで・・・・ありゃ
    Johnson&Johnsonだと思うけど確信はない。
    アメリカの平均寿命がオピオイドの所為で下がってますよね。Johnson&Johnsonは確か罰金6億ドルとられた記憶が?・

    コロナウイルスの治療は大体分かっているようで重症に為る前に治療を始めれば完治するようです。
    免疫不全だからAIDS治療薬を使うようです。
    SARSと80%共通のDNA配列に何故かイネ科のDNAを人工的に作った物で、米を食べる民族だけ有効なウイルスだそうです。
    明日からパン食にします

  2. ゆうこ

    最初に新型コロナウイルスと聞いたときに、交換殺人なのかな?と頭に浮かびました。

    イランとイスラエルは表だって戦争はできません。あまりに近すぎてそうなったら後戻りが出来ません。

    底でスレイマニ司令官の殺害はアメリカに、中国の殺人ウイルスはイスラエルがお互いに交換しあっているように見えました。

    • @bungakumirai

      ゆうこさん
      コメントありがとうございます!

      なるほど、交換ですが、なかなか鋭いご指摘ですね。

      確かに、トランプはイランはどうでもいいけど中国を倒したい、シオニストは中国以上にイランを倒したい、ですもんね。

  3. カラス

    他の方も書かれていますが、インド工科大学の研究者が発表した論文によれば、新型コロナウイルスにはSARSとよく似たDNAにHIVと同じDNA列が挿入されていることが判明しました。よって、一度感染しても免疫はつかず、何度でも感染する可能性があるそうです。感染しても免疫がつかない致死性ウイルスなど前代未聞です。ワクチンが普及するまでの間、社会が大きく混乱するかもしれませんのでお気をつけください。中国人あるいは黄色人種、食習慣など、特定の種類の人間に感染または発症しやすい特性があるのかどうかは調べた限りでは分かりませんでしたが、これは中国を攻撃するために開発されたウイルスである可能性が極めて高い以上、十分にあり得ると考えるべきです。アメリカでも同じように大流行したらロス長官が熱望している中国からの工場の回帰などが無くなりますからね。おそらくはまたしても神の力により何故かアメリカでは流行しないのでしょう。ちなみに論文には、自然にこんなウイルスが出来上がることはまず無いとも書いてありました。まあ、そうだよね。

    • @bungakumirai

      カラスさん
      貴重な情報ありがとうございます!

      こんな時が来るとは思っていましたが、こう言う形とは思いもしませんでしたね。

      「仮説」があっているならば、彼らはアジア人を攻撃しているので、米英イスラエルとともに戦えが、通じなくなりますね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前とメールアドレスをご記入ください。

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント投稿に関するお願いをご確認の上、送信ボタンを押してください。

CAPTCHA


Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来表現