文学的未来表現

~”ホント”を望むブログ~ ver.11.3

政府は感染症ではなく、自殺対策をするべき ~具体案は富裕税~

LINEで送る
Pocket

明日、緊急事態宣言が解除されます。解除の理由は・・

菅義偉首相は18日の国会説明、記者会見で、東京都などの感染者数が増加傾向にあるにもかかわらず緊急事態宣言を全面解除する判断理由を問われたが、苦しい受け答えに終始した。経済のダメージに加えて「自粛疲れ」や「宣言慣れ」が広がり、「このまま宣言を三たび延長しても感染抑止効果は見込めない」(政府高官)状況に追い込まれたのが実態と言える。

自粛疲れ…宣言に限界 首相打つ手なく全面解除 西日本新聞

これには、避難ごうごうとなっているようですが、初めから書いて来たことおですが、感染症に対して政府が行える策はほとんど全く存在しません。

「入国制限」「正しい情報の発信」

大きくは、この二つしかありません。これ以上のことを求めるのは、止めるべきです。それは新型コロナが「強毒ウィルス」だろうと、「ただの風邪」だろうと変わりません。

ウィルスの性格判断の愚

そもそも、ウィルスの性格の良し悪しで議論することの馬鹿らしさったらありません。素敵な異性の性格がいいか悪いか?で喧嘩するのと同じくらい意味がありません。

これは「各々が勝手に捉えろ」という以外の答えはありません。

目に見えない物に対する考え方を強要する風潮は、大きな問題だと言えます。そしてもう一つ言える重要なこと、私たちがなすべきことは、この捉え方に寄らないということです。

「生きるために何をすべきか?」は、ウィルスの性質次第で、そんなに変わらないはずです。

必要な「仕事」は選べない

こう言っては、大いに生意気だとは思いますが、最近の世論は、1年前と比べると、かなりしっかりしてきたと思います。ネットを中心に、私たちが「生きるために何をすべきか?」が、真剣に語られるようになってきたと感じます。

政府に生きるための「補償」が出来ないことは、最初から書いてきました。このことにも世間は気が付き始め、「無駄な補償は止めて、経済を回すべき」という声が大きくなっています。

ただ、時短制限をやめて「おひとり様限定にしろ」というのはどうでしょう・・? 

吉野家しか生き残れなくなくないですか・・? 外食産業は、「会食産業」であることを考慮に入れるべきでしょう。

中には、外食産業や飲み屋はつぶれてもいいなどと言う人もいますが、当然ながら、これは暴論です。そのようにおっしゃる方は、どんな素敵な仕事をされてるんでしょうか?

「コロナ禍ですべてが一変しました。業績悪化で企業側が英会話研修などやっている余裕がなくなり、講師の需要が消滅したのです。クライアント企業は工場ごと東南アジアに移転するそうですが、英語がしゃべれなくてもレッスンはもう必要ない、と。

自分は仕事がなくなり収入は半減です。『不要不急の仕事』ってこういうことなんだ、と哀しくなりました」

世の中は「クソどうでもいい仕事」で溢れている…コロナ禍で気づいてしまった人たち 現代ビジネス

なにも心配いりませんよ。みんなそうなんだから(笑)。

この世にいい仕事など存在しない

立川談志

現代社会は、みんな「クソどうでもいいこと」やって、生きているんです。それで成り立ってます。だから「生きるために何をすべきか」は、無駄なこと「不要不急の活動」をすることなんです。

不要不急の外出するな

もちろん、短期ならできますよ。ただ、もう1年以上言ってますよね。それは愚かですよ、どう考えても。

「補償」の唯一の方法

先程「政府は補償は出来ない」と書きましたが、この世には、それが可能な素敵なおじ様、おば様がたくさんいるようです。お手本の国アメリカが、その方法を、指し示しくれました。

アメリカのジャネット・イエレン(Janet Yellen)財務長官は、ABCのジョージ・ステファノプロス(George Stephanopoulos)記者とのインタビューで、将来の富裕税導入の可能性について質問され、バイデン政権の選択肢の中には富裕税が含まれることを示唆した。

バイデン政権、富裕税導入の可能性も…いずれにせよ、富裕層や企業は増税に直面する BUSINESS INDIDER

「富裕税」、金持ちに保障させよう、素晴らしいアイデアじゃないですか。米民主党内でこの提案をしているのは、サンダース、オカシオ・コルテスらが率いる民主社会主義者たちでしょう。何か問題あります?

だって、クソどうでもいい仕事の中でも、超クソどうでもいい仕事、というか、ほとんど何もしないで富を奪っていくのが、超富裕層じゃないですか? そんな彼らは、自分たちが社会に不可欠の存在であると説明するのが、とてもうまいのです。

文明社会の「ガリンペイロ」と「黄金の悪魔」

アマゾンの奥地に「黄金を掘り当てる仕事」をしている「ガリンペイロ」と呼ばれる男たちがいるそうです。

法律を遵守して、コンプライアンスに則って……という僕らの暮らしとは別の次元で生きている人たち。それがガリンペイロだったんです。僕は、そんな自分自身のcode(=規則,おきて)で生きている人に無性にひかれてしまうんですよね。

彼らは「黄金を掘る」という欲望のみに従っていて、あとは何でもアリ。

「大アマゾン 最後の秘境 黄金を求める男たち」 NHKスペシャル

彼らは、黄金を掘り当てれば大金持ちになれる夢を抱いて、秘密の金鉱山に集まってきます。

NHK取材班曰く、彼らは私たち文明人とは別次元なんだそうですが、私に言わせれば、ほぼ同じです。

国分:秘密の金鉱山の頭目である男(通称<黄金の悪魔>)から、ドスの効いた声でこう言われました。「場所を誰かに話したら、誰かが死ぬことになる」 と。。

秘密の金鉱山の頭目は、ガリンペイロが必死に掘り当てた儲けの多くを搾取し、残りを渡すのです。

まさに現代の縮図じゃん!

盗られた分を分けろって言って何が悪いの?

また、高額所得者をターゲットにした施策もある。ブルームバーグによると、所得が40万ドル以上の者に対する所得税引き上げと、所得が100万ドル以上の者に対するキャピタルゲイン税率の引き上げが検討されているという。

バイデン政権、富裕税導入の可能性も…いずれにせよ、富裕層や企業は増税に直面する BUSINESS INDIDER

もちろん金鉱山の頭目たちは大反対、「誰かが死ぬことになる」と脅すでしょう。彼らは文明社会で相当の力を持っており、富裕税が導入に向かったとしても、抜け道が用意され、名目上だけのものになる危険は高く、ガリンペイロ達は、煙に巻かれてしまうでしょう。

ですから、私たちは賢くなる必要があります。彼らは、ズルの天才ですからね。とりあえず、そういう才能に恵まれた人たちだ、という認識を持ちましょう。

例えば、今年、5月、ある大富豪の投資家が、ジョージア州アトランタにある大学の卒業式で、卒業生約400人の学費約44億円分を全額肩代わりすると宣言して大きな話題となったが、その大富豪は話していた。

「みなさんはきっと別の人々に恩送りしてくれるだろう」

ソロス氏ら超富裕層も同じ期待があるのではないか。

彼らが国にした富裕税という形の“恩送り”で助けられた国民がいつか成功し、また別の人々に恩送りをしてほしい。

ソロス、FB創業者…超富裕層が「金持ち課税」を訴える米国のリアル 現代ビジネス

は? 「盗んだものを返せ」と言っとるんですよ。

おまえは過激な左翼主義者かって? 違う違う。私は「日本を取り戻したい」極右論者です。

最高の「コロナ対策」

昨年12月4日、アルゼンチンの上院で「連帯による特別支援金の給付法」が賛成42票、反対26票で可決して合法化された。これはコロナ禍による経済的並びに社会的に被った損害に対し、アルゼンチンの超富裕者から「富裕税」を徴収してその損害を補填して行くとする法律である。

超富裕者に富裕税を課してコロナ禍の損害を補填する法案が可決。アルゼンチンで ハーバー・ビジネス・オンライン

給付金を支給しろという声も大きいようですね。これも何度も書きましたが、国債を財源にそれをやっても、害悪でしかありません。しかし、これなら最高の対策になります。

先程と同じ理由で現実的には、難しいと思いますが、言うくらいした方がいいんじゃないですかね? 政府に配れって言っている人は、いっぱいいるんですけどね。それは変な話です。

「政府」は概念ですから、実際には存在しません。

政府は感染対策をする暇があったら、自殺対策をしろ

去年1年間に自殺した人は全国で合わせて2万1000人を超え、2009年以来の増加に転じました。女性が15%も増加したほか、高校生までの児童・生徒で過去最多となり、国は、新型コロナウイルスによる社会不安の高まりも影響していると見ています。

自殺者が増加 女性と子どもで深刻化 新型コロナ影響か NHK

ですから、政府は「感染対策」などと言う出来もしないことはさっさと止めて、自殺対策に乗り出すべきです。それがイコール「コロナ対策」になります。国民も、政府に「感染症対策」を求めるなど言う、愚かなことはお止めなさい。

なんで、役人が感染症を防げるんですか?

政府は感染対策は出来なくても、自殺対策を打つことは出来ます。なぜなら、それは、政治が原因でもあるからです。

厚生労働省は「なかなかつながらなくても諦めず、ほかの窓口も探してどこかに相談してほしい」としています。

うっせえわ。

声を聞くべきはどっかの窓口ではなく、あなたです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

蘇るダイアナ? ~グローバル・ブリテンの復活はありそうもない~

「日本は中露とともに欧米支配と戦うべき」が正解になる日

3件のコメント

  1. ゆうこ

    昔の話に成りますけど、東北の大震災の時五年間特別復興税成るものがやってきました。五年間納めさせて頂きました。
    多分今回のコロナもそうなるのか?と思っていたら、やっぱりね(笑)イエレンさんが旗振りですか。

    そうです。コロナ対策じゃなくて自殺対策ですよね。おっしゃる通りです。

    • @bungakumirai

      ゆうこさん
      コメントありがとうございます!

      世間的には「コロナ脳」は、大分駆逐されてきた感じですよね。
      コロナ対策より、「経済の方が大事」という声も大きくなっているようですね。

  2. ゆうこ

    >ゆうこさん コメント、移しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前とメールアドレスをご記入ください。

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント投稿に関するお願いをご確認の上、送信ボタンを押してください。

CAPTCHA


Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来表現