LINEで送る
Pocket

気温が上がってきましたが、未だに日本ではマスク民が9割以上で、メディアから「いつまでしてんの?」と馬鹿にされるような状況です。日本人がマスクを外せない理由が、効果への信仰ならほっときゃいいと思いますが、実態はそうではなく「顔パンツ」の言葉からも分かる通り、顔を隠すことが当たり前になってしまっているのです。

そう言えば昔、少年ジャンプに『変態仮面』という連載がありました。それは、顔にパンツを被ったヒーローが主人公のギャグ漫画でした。

今の日本人は、総『変態仮面』です。いったい、なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

弱かった同調圧力

最近よく言われる「同調圧力」、これが日本はとても強いとのことなのですが、これはデマだと思います。

「アメリカ人とイギリス人はこの意見に同意する傾向が強かったのに、日本人はあまり同意しなかった」という結果だったのですから、「日本は同調圧力が凄い」という説を真っ向から否定していることになります。科学的な研究は、この説を支持していないのです。

「日本は同調圧力が凄い」というのは本当なのか? 現代ビジネス

日本人が集団主義的という証拠も特になく、以前の記事でも書きましたが、それはプロパガンダかと思います。

実際に私はこれまで外ではずっとノーマスクですが、圧力を感じることは全くありませんでしたし、注意を受けたのは2回だけです。そのうちの一回は上司(笑)、勤務中に会社付近をノーマスクを歩いていた時でした。もう一回は、お年寄りの外国人でした・・。

ワクチンに関しても同じで、お年寄りから聞かれたりすることはありましたが、それは「圧力」とは明らかに違うものです。最近はめんどくさいので、「3回目は打ってません」と答えるようにしてますけどね(笑)。

ホントの理由

とは言え、日本人が「本当は外したいのに、他人の目を気にしてマスクを外せない」のは事実のようです。圧力は大したことないのに、周りを気にして外せないということは、他人の評価を気にしているからということになりますよね。つまり、これは自己愛です。

変な奴だと思われるのが嫌で『変態仮面』のコスプレをやっているということですね。確かに「変な奴だ」と思われるのは、私もいやです。特に好きな人とか、関係の深い人にそう思われるのは、恐怖ですらあります。

もし、出会ったばかりの人とデートするなら間違いなくマスクをつけていきます(笑)。

でもですよ・・・外、すれ違う人って見ず知らずの他人ですし、二度と会うことはないでしょう。変に思われたくない? というか、お前のことなんか誰も気にしてね~よって。これは、自意識過剰というのです。

ということで日本人がマスクを外せない、ほんとうの理由は「自意識過剰だから」ということで結論が出てしまいました。

自意識過剰な人は、本当の自分の状態に自信を持てないという特徴があります。そういった場合に、仲間たちとの会話で自分について話す際、自分を大きく見せるために事実を盛り上げて大げさに話すということがあります。

男性でも女性でも、他の人が気にも留めないような点でも、注目されているかのように感じてしまうので、ありのままの自分では自信をもてないことが大きな原因です。

自意識過剰の意味とは。自意識過剰な人の心理や特徴と治す方法を紹介! Smartlog

自意識過剰の原因は、自信の喪失。確かに日本人は今、自信を失っているようです。なぜ、日本人は自信を失っているのか、それはやはり教育の影響が大きいようです。

日本の子どもたちは、自己肯定感が低い、とよく言われます。確かに、いくつかの国際調査の結果を見ると、日本の子どもたちの自己評価の低さは際立っています。そして、そのことは、日本の教育の大きな課題だとみなされてきました。

【データで語る日本の教育と子ども】 第3回 自己肯定感が低い日本の子どもたち-いかに克服するか CHILDRESEACHNET

自信を持つための秘密の方法

さて、今回はそんな自信を失った日本人に、自信を持つためのとっておきの秘密の方法を教えようと思います。ネットで検索すると「自信をつける方法」とかいっぱい出てきますね。

例えば・・

▼ 自分に自信を持つための7つの方法

外見を変える

身体を大きく広げるポーズをする

成功体験をする

代理体験をする

良い習慣を続ける

SNS断ちする

人間関係を変える

自分に自信を持てないときはどうすればいい?自分に自信を持つ方法 みんチャレブログ

って書いてありますけどね。この方法じゃムリムリ~、いいのは「SNS断ちする」くらいかな。

では、秘密の方法をもったいぶらずに書きますと、それは「秘密をもつこと」なんですね。

は・・? いや、まじまじ。

何でもいいから、自分の中に人より優れたところ、いいところを見つけ、もしくは作って、それを秘密にしておくことです。いいですか、間違ってもそれをアピールしてはいけません。なぜなら、人より優れたところをアピールすると、必ず攻撃されるからです。その結果、自信を失います。これは人間の性です。

それに多くの人に知られてしまった時点で、それは自信から重圧に変わります。

「バルセロナとは異質の重圧がかかっていると僕は思う。あくまで僕は、ね。彼は多くの国民に、バルセロナが彼に要求するもの以上に壮大なパフォーマンスを期待されてしまっている。彼もそれを痛感している。バルセロナの方が、チームとしてはるかに高いクオリティーなのにも関わらずね。アルゼンチンでは、彼が1試合に3得点を叩き出すことを求められる。彼はバルサではそれをやってのけるだろう。だが、残念なことにフットボールはそれほど単純なものではないんだよ。彼が世界最高の存在でも、それは難しい注文だ」

メッシが代表で輝けない理由 元バルサ同僚セスクが指摘「重圧もクオリティーも…」 FOOTBALL ZONE

誰もが認める世界最高のサッカー選手であるリオネル・メッシは、世界最高だと世界中の誰もが知っているがゆえに、アルゼンチン代表では自信を失っているようです。また、日本球界きってのスタープレーヤーだった清原和博さんは、「番長」のプレッシャーに耐え切れず、覚せい剤を使用したと言っていましたね。

このことは端的に、その道を究めれば、自信満々になれるわけではないことを表しています。例え世界最高の能力があっても、周りの評判(期待)が、自意識と同じか上回ってしまうと、自信を失ってしまうということは大いにありそうです。海外のスポーツ選手がタトゥーを多く入れているのは、自信の無さを埋めるため、のようにも見えるんですよね。

メッシがアルゼンチン代表で輝く最大の方法は、違う顔でプレーすることでしょう。そうすれば、自信満々でプレーできるはずですよ。だって、自分が世界最高の選手だと知っているのは、自身だけなのですから。

つまり「俺のよさを知っているのは俺だけだ」これが自信の正体なのです。ですから、決して自分のよさを他人に漏らしてはいけません。「本当の俺」を知っていいのは、せいぜい最も親しい一人二人くらいまででしょう。

自信がある人は、こういう秘密をいっぱい持っています。今度聞いてみてください、多分教えてくれません。親しい人以外に、知らせてはいけないことを知っているのです。SNSでアピるなんてもってのほか、逆効果です。もしやりたいなら、匿名で(笑)。

そして、晒すならばいいところではなく、欠点であるべきです。

以前、職場にハッとするくらいの美人が異動してきたのですが、初対面に近い状況で話をした時に、何気に前髪をかき上げて額を開いたのです。なにかなって見るじゃないですか、そしたらそこに大きな傷があったんですね。

隠していようと思えば、出来るんですよ。でも、わざと見せたんですね、最初に。何かの拍子で見えて、評判が失墜することを防いでいたのです。

「あの人、美人だよな~」

「実はさ・・。俺、見ちゃったんだよ。額に大きな傷があるんだよ」

「え! それは残念だな」

予め晒しておけばこんなこともありませんし、周囲にそれを欠点とは捉えていないというポジティブなメッセージを発信することになります。心得とるな~と思いましたね。すっかり心を掴まれ、今では奥さん・・・・なんてことはありません(笑)。

さて、自信を持つ方法を纏めますと、まず、

①自分の優れているところ見つけ、他言無用とするべし

これは=他人の評価を度外視するであり、「優れているところ」は悪いこと以外の何でもいいということになります。現代の価値観は、西洋文明に固められていますからね。それも日本人が自信を失う大きな原因の一つです。評価されるようなことであっても、なくても関係ないのです。とにかく、人の評価は関係ない! だってヒ・ミ・ツ・なんだから。

そして、もう一つ。

②欠点は積極的に晒すべし

この二つを実行することで日本人は、自信満々の魅力的に民族になることが出来ます。それは昔からある価値観で言うと、「奥ゆかしさ」になるでしょうか。

「もっと行きたい(行きたくなる)」という興味深い様子から、奥ゆかしいとは本来「もっと奥へ行って、いろいろ見たい!知りたい!やってみたい!」という好奇心を表わしていました。

人物でイメージするなら、おしとやかで控えめな「大人の女性」よりも、好奇心いっぱいで何でも知りたがる「元気な子供」といったところでしょうか。同じ「奥ゆかしい」という言葉でも、昔と今ではずいぶんとイメージが違ったようです。

それが時代の下るにつれて「好奇心をそそる様子」を指すようになり、もっと知りたくなるような控えめさを奥ゆかしさと呼ぶようになります。

現代とはイメージが違う?「奥ゆかしさ」とは好奇心いっぱいな様子を表わす言葉だった JAPAAANMAGAGINE

日本人のよさを、私はいくつも知っていますが、その大きな一つが「謙虚」とか「奥ゆかしさ」ですね。奥ゆかしい人は、女性でも男性でも魅力的なのです。

そういう人が多い日本は、再び自信と自身を取り戻せるはずです。魅力的な人は、自信を持てるのですから。西洋人はよく、日本人を理解出来ないというではないですか。つまり、魅力的なのですよ。侵略者のプロパガンダなんかに負けてなるものですか。

そして、最後にこれらの話を纏めると、今、マスクをしていて得をするのは、予測を上回る美しさを持った人だけです。

そうでない大多数の方は、さっさと変態仮面は止めた方がいいですよ。私は、剃っても、汚い濃いひげを晒しています。

LINEで送る
Pocket