文学的未来表現

~”ホント”を望むブログ~ ver.11.3

いったい誰が本当の売国奴なのか ~日本の真の「保守」とは~

Facebookページでも取り上げましたが、先日、ネットを巡回していたら面白い動画を見つけました。あの籠池夫妻が「森友学園問題」についての裏を暴露すると言う内容でした。あの事件が組織的な工作活動であったことが彼らによって証言され、動画を見た人の全てがそうであるに違いないと確信する内容でした。

そして、コメント欄はこんな言葉で溢れていました。

「中国の仕業だ!」「いや韓国だ!」「いやいや、民進党の陰謀!」、しかし残念ながら、それらはすべて的外れです。日本国内でこのような大規模な工作活動を行える機関はあそこしかありません。

第三次世界大戦は、イスラエル VS EU ロスチャイルド代理戦争

5月15日、アメリカのトランプ大統領が中国との国交を断絶する可能性を示唆したと一斉に報道されました。しかし、私がその日衝撃を受けたニュースは、それではありませんでした。

新型コロナウイルスによる米国内の死者数の集計をめぐり、米疾病対策センター(CDC)などがまとめた公式統計を疑問視する見方がホワイトハウス内部で浮上している。

新型コロナの死者統計は過剰か、トランプ大統領が疑念 専門家は反対の意見 CNN

トランプはいったい何を言い出すんだ! 自国の集計が嘘だってどういうこと!? いえ、私を震えさせたのは、そこではありません。この騒動がでっち上げであることは、既に分かり切った話です。

「医療崩壊」は政府、知事、メディアの自作自演

少し前になりますが、5月4日、安倍首相は緊急事態宣言の延長を正式に発表しましたね。私は数字上、今の日本は緊急事態でも何でもないため、宣言の延長どころか、そもそもの発令すらも正当な理由が見当たらないと主張してきました。

政府はなぜ、今回延長を決めたのでしょうか。

首相は感染防止策に一定の効果が出ているとの認識を示した上で「感染者の減少は十分なレベルとは言えない。引き続き医療体制が逼迫している地域も見られる」と延長の理由を説明した。

日本経済新聞

医療体制の逼迫、これがその理由だと言うのです。最近よくメディアで聞く、「医療崩壊」と言うやつですね。

MMTは偽物 ~本物の貨幣理論「公共貨幣」~

皆さん、最近よく「MMT」って言葉を目にする機会が増えたような気がしません? 日本語だと「現代貨幣理論」って訳されますね。ま、初めて聞いた瞬間から、な~んとなくですね、どっか、耳障りって言うか、胡散臭~い雰囲気を感じていたんですよね。こういう私の勘、結構当たっちゃうんですけどね(笑)。ま、それはともかく、今回、MMTを少し詳しく見てみることにしました。

「世界政府計画」そのエージェントは誰なのか

「新型」コロナウィルスの起源について、テレビで有名な武田邦彦先生が興味深い見解をおっしゃっていました。ズバリ、コロナウィルスの黒幕はビル・ゲイツだということなのです。

しかし、私に言わせると、これはちょっと甘いですね。ビル・ゲイツは黒幕と言うより、むしろフロントマンに過ぎないでしょう。

コロナで無期限補償はハイパーインフレへの王道 ~アベノタイサクは正解だった~

緊急事態宣言が延長されることが確実になりましたね。私はこれに対しては、世間はもっと怒るべきだと思いますよ。だって、ずっと書いてきた通り、無期限の活動自粛の強要は「死ね」と言われているのと一緒ですからね。

繰り返しになりますが、経済とはお金儲けのことではありません。それは、私たちの衣食住の流れのことです。上から目線で書かせてもらうならば、この嘘にはさすがに世間の皆様も気が付き始めている気がします。

しかし、私がもう一つ指摘したい世間の皆様の大きな勘違いは、「補償」に関してです。これね、出来ません。無期限の自粛では、決して出来ないんです。

イギリスとドイツの補償は素晴らしいじゃないかって? いえ、私に言わせれば、それは詐欺です。

「新型」コロナは事実、緊急事態でも何でもない

「新型」コロナウィルスの蔓延に纏わる騒動が収まる気配を見せませんね。自粛がほぼ強要の勢いで叫ばれる昨今、参っていると言う方もいるではないでしょうか。

でも、そもそも、この「新型」コロナウィルスっていったいどこが、「危機的」なんでしょうか? 私にはさっぱり分からないので、その理由を探ってみたいと思います。

本質は米欧戦争か ~ロスチャイルド、欧米時代終焉へ?~

当ブログの「政治・経済」のメインテーマは、2017年の初めから米中戦争(主)、米EU戦争(副)としてお伝えしてきました。

しかし、最近、この主と副は逆ではないかと思い始めました。この仮説に立つと、今までの矛盾、理解し難かった部分が、かなり解消されるのです。

今起きていることの本質、それは世界の支配者、ロスチャイルド家の内紛ではないでしょうか。

暴力と銀行詐欺の国、アメリカ ~「陰謀論」の本質とは~

米国と中国が「新型」コロナウィルス蔓延の責任について、情報戦を展開しています。

FOXニュースは同日、米情報機関が同研究所および感染初期状況に関する情報を徹底的に収集して時系列的に分析し、事態の全容解明を図っていると報道。調査結果は近くホワイトハウスに提出され、トランプ氏らは内容を精査した上で中国にどのように責任を取らせるかについて判断を示すとしている。

武漢研究所ウイルス流出疑惑、米情報機関が調査結果提出へ 産経新聞

みなさん、どっちに付きますか? と聞いたら、大半の日本人はアメリカ側につく、と答えるでしょう。しかし、私に言わせますと、「CIA」それは情報機関と言うよりも、「アメリカ中央妄想局」と言う感じでございます。中国がいいと言う訳ではありませんが、とにかく私の彼らに対する信用はそんなものです。

経済活動を再開すべき ~「無期限」では全ての対策は無意味~

安倍政権は、4月17日、緊急事態宣言の全国への拡大とともに10万円の現金給付を発表しました。しかし、我々には今、「お駄賃」に喜んでいる余裕はありません。

このままの経済停止状態を続けると、ウィルス感染以上の恐ろしい事態が社会に引き起こされるでしょう。

Page 2 of 36

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

       

© 2010 文学的未来表現